GRC
GRC

特徴

GRC(Glassfiber Reinforced Cement)は、セメントモルタルを耐アルカリガラス繊維で補強した複合材料です。
昭和50年からの製造以来、長きにわたる実績を持つGRC製品は、モルタルとガラス繊維をスプレーガンにて型枠に吹き付けて積層成形してゆくDS(ダイレクトスプレー)製法と、使用材料をオムニミキサに投入して練り混ぜ、流動性を高めた状態で型枠内に流し込むPM(プレミックス)製法によって製造され、優れた多くの特徴を有しています。

優れた意匠性

表面平滑性を追求した大型GRC、タイル、石材の打ち込み、打ち放し調仕上げ、骨材研ぎ出し、サンドブラスト仕上げなど、優れた意匠を実現可能です。

斬新な形状

曲面形状、木目を始めとする様々なテクスチャー、3次元形状が製作可能なので設計者の自由で斬新なデザインを実現可能です。

超軽量

板部はGRCの厚み12mmで設計可能なため、PCaコンクリートの約3分の1の重量にて製作可能です。

不燃材料

GRCは不燃材料です。(不燃認定 NM-8313)

優れた耐久性

GRCセメントの採用により、ガラス繊維の補強効果が持続し、経年による変化の少ない、耐凍害性も良好で耐久性の高いGRCを提供しています。

施工実績

ヒカリエ(GRC外壁)

大泉学園(GRCマリオン・ボーダー)

熊本銀行(GRC外壁)

昭和大学(GRCライトシェルフ)